読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

健康で文化的な最高の生活を最低限

もう二度と会わない愛おしい人が幸せに暮らしていることと、もう二度と会わない憎々しい人が幸せに暮らしていること、どちらも触感は違えど皮を剥いで剥いでゆけば同じような属性を抱えていて、それが本質ってものに一番近い感覚なのかもしれないと思った
夕方まで寝てしまった日曜日、すきな人達と話して、美味しいごはんを食べて、穏やかな初夏の気配に包まれながら、帰りの電車に揺られているイヤーホンからはperidotsのメトロ、健康で文化的な最低限度の生活っていうのはきっとこういうことを言うんだ

「恋は罪悪ですよ」
夏目漱石のこころの全て、この言葉を思い出した、恋は罪悪、恋の終わりは夏の終わりに似ているのなら、夏は罪深い季節だということになる
みんな待っている、甘い甘い罪の季節を待ち、その終わりを待ち、そうして時は流れていくのだ、舌に残る少しの苦味を証跡として