読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

モコ&猫

もしかしたら全部正解だったのかもしれない、最初から全部知っていたはずなのにあえて間違いを選び続ける、ぼくはいつもそうだ、今世はハズレ。今世はオワリ。忘れたくないことはいつまでも忘れないで、忘れたいこともいつまでも忘れないで、その真ん中くらいにある本当に大事なことばかり忘れて、炭酸水の中で骨が溶けていくように日々は過ぎていくのかもしれない。東京の冬は終わりがよく似合う、だめだな、少し弱っているみたいだ。歌いたいことは増えているはずなのに、重たくて手が動かないんだ