読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

新しいということ

新年明けましておめでとう。区切りがあるおかげで区切って生きていける。本当はいつだって新しい気持ちでいられるのがいちばんだけど、それは難しいのでこの国には季節があるのだ。

今年はどんな年になるだろう。今年はどんな年にしていこうか。この惑星には最終的に海と廃墟しか残らない。それはとても素敵なことだから、今ここで生きている僕たちは安心してもっと素敵になっていこうね。