読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

有無

日々と思考

呼吸によって吐き出されるそれが酸素か二酸化炭素かなんて本当は些細な違いだ、吐き出し方が美しいかどうか、忘れがちだけど本当はそっちの方に価値がある。変わらないものがずっと変わらないことは嬉しい、変わるべくして変わるものが変わってしまうことも愛しいのかもしれない。人間の生命活動の全てが芸術だとしたら、そしたらもう人間でも人間じゃなくなっても結果的にはどっちでもいい。君がキラキラ光ればそれでいい。