読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

透き通れない

さいきん怖くて怖くてたまらない、感性が死んでしまうような気がする、本当に全く文章が浮かばなくてこのブログも更新できなかった、今も何かに操られているような心持ちでフリック入力している、魂だとかそういうものに、そういうものが打ち震えることがめっきり減った、毎日若さと時間と義務についてばかり思考を巡らせている、終わる、人はいつか死ぬ、美しくありたい、美しく生きたい、そんなこと全部どうでもいいからとりあえずみたいな感じ、ねえねえ君はどこの誰?いきてるの、たのしい?ぼくはけっこうわかんないよ、上から下までけっこうわかんない、今わかるのはとりあえず昨日の夜はニンジンを齧る夢を観たということくらい、ニンジンは柔らかいのか固いのか、腐ってるのかどうかも判断がつかない微妙な程度だった、ニオイだけが鼻に残っている、ブルースをください、ノスタルジーをください、ファンタジーをください、社会性なんか要らない、こういうこと言いたくないけど友達も要らない、そんな感じだ、でも会いたい会いたい会いたい会いたい会いたい!!!!!!、会いたい人なんて誰も居ないのに気持ちだけがある、行く所のない気持ちちゃんはどこから来てどこへ還るのかな









iPhoneのメモ帳を見返していたら、
2014年、夏、8月17日 7:47に

愛は必ず勝つけどさ
愛がない人はどうするの しぬの

って書いてあった
ちょっぴり面白かった おわり