小雨が燦々と降る夜はエモい

思うままに綴る詩、もしくは思想

2016-07-18から1日間の記事一覧

今年の夏はガッツ

気怠い夏の情緒は優しい上に傲慢なので、身を任せていると緩やかに殺されてしまう夏が優しいだなんて思ったのは初めて、この街に来てからだ夏など無いように生きる人は眩しくて好きだ、季節に揺さぶられない芯の通った魂を愛しているぼくはもうすこぶるダメ…