小雨が燦々と降る夜はエモい

思うままに綴る詩、もしくは思想

2016-03-27から1日間の記事一覧

ぼくたちの日々

春は新生活、けれども別れの季節でもある、だから春に良い印象が無いと言っていた彼がこのあいだ幸せそうに泣いていた、時は流れるね、季節は移ろうね、人も変わっていくね、なのに変われなくて苦しいこともあったりするんだね、生きるってグロい、とっても…