小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

✗✗✗

誰にもわかんなくていい日記

 

メール

kamisamaniaitai@gmail.com 

twitter

https://twitter.com/kohtasasaki

soundcloud

https://soundcloud.com/kamisamaniaitai

youtube

https://www.youtube.com/channel/UC-wtMuVx1oHS-u0rFcVbIQw

 

誰かにわかってもらいたいブログ

tamashiiga-yavai.hatenablog.jp/

『大森靖子』を形作る祈りのひとつ

大森靖子さんのライブを久しぶりに観たんだけど嫉妬とか浅ましさとか羨望とか「何でわかってくれないんだろ」とかそういうの全部音楽に溶けて成仏した感じ。嫉妬もできないくらい圧倒的に負けた、すごく良かった。凛として時雨のMissing lingをカバーしてたんだけど嬉しすぎてびっくりしたし、完成度もおぞましいことになっていて本当に感動して泣いてしまった。1点から100点のモノサシを持って観に行ったんだけど普通に最低点でも120点叩き出すみたいなライブだった。ぼくは大森靖子のスタンスや作品やライブや愛や発言全てを愛することが出来なくて、それが多分ずっとコンプレックスだったと思う。普通にかなりこじらせ切ってるから「自分がいちばんわかってるのに」みたいな気持ちもたぶん人並み以上にあるし、そういうところを表に出すのがカッコ悪いっていうのもわかってるし、大森靖子が宗教みたいになっていく(真実はわからないけど、そういう風に見える一面はあると思う)のに我慢がならなかった。だって大森さんはきっといつだって人間として人間のために戦ってきたんだし。大森さんが生き尽くしている。だからただそれを見て、受けてるだけじゃダメじゃん、喜んでるだけじゃダメじゃんって思ってたし、「ただのファン」以上の何かにならなきゃいけないといつも焦っているような気持ちを持っていた。ぼくは大森さんがたまに言う「大森靖子はみんなで作り上げている」って感覚がずっとわからなくて、1日10回くらい、×100日以上経つので多分1000回以上その意味を考え続けてきたと思う。だっておれはおれじゃなきゃ意味ないし。おれがおれとして感動しなきゃ意味ないし。だから今日は良かったとか、今日はあんまりだったなとか、そういうのがないと嘘じゃん、と。全肯定ってなんだよ、と。でもなんか今日、なんだろう、この人の活動の一部に、ぼくが本当に感動したり、羨んだり、応援したかったり出来なかったり、好きだったり怖くなったり、決して綺麗ではいられない色々な想いの中から少しでも少しでもマシなものが、少しでも何かの足しになっていてくれたら、もうそれだけでもういいなと思った。たとえ僕という人間が、存在が、大森さんに嫌われていたとしても、関わりがなかったとしても。ぼくの人間としての器や身体を除いた、確かにあったと思う祈りのようなものだけが、何かになっていたら。そう思った時に、あ、そうか、そういうことなのかなと思った。「大森靖子をみんなで作り上げている」。ひとつのライブを観たひとりの人間の脳内の、勝手な思い込みのひとつかも知れないけれど。大森靖子を形作る祈りの一部かも知れない、それがどうか「善いもの」であったらいいと思った。

ライフイズパーティ

ブログ書かなきゃなー、と思うんだけどなんかずっと気が乗らない。なんでかなーと思うんだけど自分の内の事柄について思索を馳せる事が怖かったのだといま気付いた。自分の内側の世界では線引きがないので、どうしても思い通りにならないことや納得できないこと、うまくいかなかったことについて、満ちゆくまで考え尽くせてしまう。それは多かれ少なかれ痛みが伴うことだ。痛いのがもうすっかり怖くなってしまった。現実やコンテンツ等、外側を追っていれば痛みもなく快楽だけを享受できる。最近ゲームばかりしていた。だけど何かが流れて失せていくことも怖いから、いまこうやって久しぶりに、拙くともフリックを滑らせている。

 

さいきん思想や哲学の知識に富んだ友達が出来て、色々な言葉を教えてもらう。その子自身、プロテスタントでもあるので、カミサマって居ると思うか訊いてみた。聖書には「我らは神の中で生き、動き、存在している」という言葉があるらしい。調べてみると、十七章二十八節。神という偉大な存在が居るというよりは、大きな流れのようなものが在るというのには共感する。運命、という概念もこれに近しいものだと思う。

メルヴィルの『バートルビー』という作品を教えてもらった。「せずにすめばありがたいのですが」と言い続け、出来ることを何もせずに死んでいく青年の物語らしい。「だからやりたいことはやったらいいよ」と言ってくれた。今年ももうすぐ終わる。楽しいことばかりじゃない一年だったけれど、思い出すと宝石のような思い出も幾ばくかあって、そういうものをくれてありがとうと思う。

 

ところで昨日は誕生日パーティを開いてもらった。誕生日パーティなんていつぶりだろう。小学生?中学生?今年の誕生日は特別面白いようなことがなかったから嬉しかった。五感ごと記録したいと思ったけど無理だから、せめて文字だけでもと思い、ブログに記す。特別は手作りだって教えてくれていつもありがとう。

 

 

さいきん感謝の人みたいになってて嫌ですね、自尊心が低くなってるのかも

潔癖

誰かはいつか居なくなるし、大切なものは壊しに行くとたいてい壊れるし、芸術から得た個人的感動だけがずっと永遠だな。どんなに剥がそうとしても剥がれなかったものだけを信じようとする癖がある。壊して壊して壊して、残ったものだけを愛したいような。

かみさまは透明

透明が透明なのにそこにあるとわかるのは温度や輪郭や空気、匂いのおかげだ。目に見えないのに見えるもの、人間の五感はあるがままの頃から進歩したのだろうか、退化したのだろうか。眠れなくて布団の中で何時間も考え事をしていた頃を思い出す。今、お布団に入った途端に気絶してしまうからあんなことなかなかできないな。優しさも悲しみも怒りも誰かに伝わらないと無かったものとおんなじだとしたら、ひとりというのはとてもひとりだ。何かにとか誰かにとかなるとかならないとか、この身体があるとかないだとか、歌が歌えるだとか歌えないだとか。歌いたい。もうすぐ生まれた月が終わる。そろそろ気合いを入れ直そう。この冬はきっと雪が降る。かみさまは透明だけど、だからこそ、ぼくはあなたを信じる。

君になりたい

良いも悪いも暴力だと思う、思うけれど、暴力が美しくないこともないから、そういう世界だなと思う。沢山ある、も、何にも無いも、虚無じゃんと思う。何かが美しいだとか、何かが愚かだという感覚がある。ただ、在るだけなのに。今まで生きてきたことや、今まで見てきたもの、感じてきたもの、こうなりたい、こうなりたくない、そういうものによって、何かを美しいだとか、愚かだとか思う。ただ、在るだけなのに。昨日、美しくないと言われた。美しいから、美しくなくなって欲しくないと言われた。ぼくには一緒に不幸になってくれる人が欲しいと言っていた時期がある。当たり前だけど、みんな幸せを目指して生きている。ぼくは寝不足の夜とかに、自分は自分の才能や美しさをドブに浸けて、いつか取り返しがつかなくなった頃に哀しくなって一生を終えるというビジョンがある。そうあるべきだとさえ思ってしまう。生きているだけで重ねてしまう罪に、罰を一生かけて得なければと思っている。そんなこと無いことも本当は知ってる。もう少し、もう少しの違いで、誰か計画を狂わせて欲しい。

焦滅

初めて職場の仮眠室を使った。金曜、月曜と家に帰らずに仕事をしていた。いまこの文章は久しぶりの帰りの電車で書いている。さいきん思想やこだわりが泡になって蒸発していくような感覚を覚えている。通勤するより職場に泊まった方が楽だった。ベッドに横たわりスマホをいじってまた働くだけの日々を想った。いける気がした。いける気が、してしまった。

変わっていくことを否定するつもりはない。だけど、なんか、こう、寂しいじゃないか。別にそれが幸せならそれでいいんだけど。いいんだけどさあ。

このブログも久しぶりに開いた気がする。前回の記事から今日までの間にトシを1つとった。誕生日には決まって何かを記していたのに、今年の誕生日はといえば喘息にかかったことを提示されたことくらいしか思い出がない。

内省こそが君みたいなところがあると言われたことがある。魂の揺れ幅が君の存在だと言われたことがある。憎いと言われたことがある。好きだと言われたことがある。何かを恐れたり、何かを愛したつもりになったりしたことがある。単なる愚かさや青さだったとしても、感傷だったとしても、やっぱり何かをずっと諦めたくないよ、おれは。