小雨が燦々と降る夜はエモい

詩、もしくは思想の日記

2016-08-30から1日間の記事一覧

むすび

「社会に迎合するとつまらなくなる」なんてふた昔前のロックンロールでも安易だったかもしれないけれど、元々の逃げ癖と感傷中毒がどんどん悪化しているような気もするさいきんは、というか昔からだったかもしれないけれど、でも昔よりは消極的にかつドップ…