小雨が燦々と降る夜はエモい

詩、もしくは思想の日記

2016-03-12から1日間の記事一覧

有耶有耶

どこにも行けない悲しみとおんなじくらい、どこにもいかない幸福だってあるのだ。人が生きてるって泣きそうになっちゃうな。純粋なものが好き、ハンデなしが好き、装備なしが好き、レベル1が好き、花山薫は凄い。こんなに純粋厨なのに、いいことと悪いこと…