小雨が燦々と降る夜はエモい

詩、もしくは思想

ひとりセゾン

ブログを読み返してみるとその時に大事だったものがわかるし、逆にいうと大事なものは絶えず変わったり流れていくのだと思い少し切なくなった。泳ぐように生きるのは美しいと思うけど、おれはいつも川底を歩いている。溺れているようなものだと思う。例えば愛についてずっと考えている。物心ついた時から少年マンガで取り扱われていた、愛。愛があれば人は強くなったり正しく在れたりするらしく、人が人でいることの根幹であるかのごとく描かれたそれについて、かれこれ20年以上考えている。なぜなら、わからないから。わからないということは、まだわかっていないのか、もしくはそんなものは無いのかもしれない。それを知る術は私たちには無いので、結局は心一つ、自分が何を想っていたいかだけなのかも知れないなと思う。でも切なすぎる。無について考え、無に帰すのかと思うと、おれは切なすぎる。永遠に身を寄せることが出来ない。例えば私とあなたの間にあった事は永遠かもしれないが、あなたは居なくなるし、私もいつか死ぬ。一緒に居たことは忘れなくても、一緒に見た空は忘れる。その空の美しさは何処へ行くのか。愛を知らずとも、おれは切なさを知っている。変わっていくこと、新たに出会うものと、その先に待つ素晴らしい自分を否定してはいない。過去を必要以上に懐かしむこともない。良いも悪いもなく、ただ、切ないという、それだけ。名前のつけられるものに意味を感じないことも多いが、すくわれない感情に名前があることが救いになることもあるのだな〜と今思ってる。力強く希望を謳うものが五月蝿いなと今は思う。感傷を重んじる必要はなくとも、感傷を覚える自分の心を否定するのは良くないなと感じる。自然体に喜んだり、悲しんだりしていたい。それには強い心が必要だ。10年後だか100年後だかに、全部にありがとうって言いたい。