小雨が燦々と降る夜はエモい

思うままに綴る詩のような日記

春、燦々と散々

こないだ「春になったら何を始めるの?」って訊かれて、「そっか、春って何かを始める季節なんだ」と思った。すごい!本当にびっくりしてしまった。考えたこともない発想だったのに、空気のように自然に身に沁みた。何を始めようかな。タトゥーいれちゃおうかな、お花のやつ。ずっと考えてるんだけどちょっと怖いな。あとジムに通いたい!ぼくはだらしない性分だから、せめて身体くらいシュッとしてたい。春を想うと、頭の上の方がパーッと光っていくね。季節が巡るたび、季節のある国でよかったと思う。相変わらず季節に敏感に居たい、というくるりの歌詞、東京という曲にこの詞が入っているのはとてもよい。何度も書いた言った気がするけど、北海道には四季がないので、東京に来て初めて明確に季節を意識した。桜の季節に雪が溶け残っているのだ。四月に桜が咲いて、テレビの中の話じゃなく現実にそうなんだと思い、感動した。

 

◇  ◾️  ◇  ◾️  ◇  ◾️  ◇

 

好きなもの、おれが好きだってことはきっと果てしないに決まってるんだから、いつか手の届かないところに行ってしまうんだろうなと思って勝手に悲しくなってしまうことがある。永遠とかさ、届かないじゃん。うつくしいものよりうつくしさそれ自体の方が好き、みたいな感じだ。物質世界だから届かないんだ、物質のままじゃ。むかし国語の試験で、ハチを叩き潰す時こそ力を入れなくてはならないのに、ハエを叩き潰す時は全力でいられて、ハチを潰す時は恐れて手加減してしまう、みたいな文章があった。近くにあったとしても気にすると届かなくなったりするんだ、歩き方を意識すると歩きづらくなってしまうように。遠くにあっても簡単に手に入るものだってあるのに。

 

◇ ◾️ ◇ ◾️ ◇ ◾️ ◇

 

「この良さは自分にしかわからない」と思わせる作品が一流、みたいな話ってあるけど、これって人にもあると思った。「この街で俺以外 君のかわいさを知らない」的な。スピッツすごいね。おれがいちばん知ってるんだからな、って、思えば誰かを好きになった時、いつも思っていた。