小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

スクラップ・アンド・ビルド。

もういよいよ器だけが完成したという感じだ、ここまで25と余年、もう100年分は思考を費やした。毎日、今日こそはと思う。思考なんてもう余剰以外要らない、これは死であって死ではない。スクラップ・アンド・ビルド。これ以上もう要らない。そういうもの以外、もう要らない。まずは部屋を掃除しよう。まずは美しい人の真似から始めよう。ずっと人間になりたかった。今はもう機械でいい。むしろ機械がいい。