読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

あの青、白

f:id:kosame333333333:20170207210842j:image

 

今日いちばんの刺さり、なんて透明なことを言うんだろう。これを言っていたのはどうやら高校3年生なんだけど、その年齢だったことも尊さ。今、この時に言うんだ、っていう。だって多分この子はこの先もうこれとおんなじ意味で「大人」って言葉使えないとおもうから。

刺青、なんとなくずっと憧れがあるんだけど、この理由でする刺青が今のところ一等賞で美しいな、ぼくはいつから大人になったんだろう。こどものうちに刺青いれて、後悔する大人にはもうなれないんだなあ