読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

今年の夏はガッツ

気怠い夏の情緒は優しい上に傲慢なので、身を任せていると緩やかに殺されてしまう
夏が優しいだなんて思ったのは初めて、この街に来てからだ
夏など無いように生きる人は眩しくて好きだ、季節に揺さぶられない芯の通った魂を愛している
ぼくはもうすこぶるダメ、わざわざ負けに行っている節がある、勝ち方を忘れた身体でぼくもぼくの夏の魔物を斃す
f:id:kosame333333333:20160718105401j:image