読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小雨が燦々と降る夜はエモい

わかってもらえなくてもいい 日々の記録

ぼくは今日も今日を今日らしく生き切ることができない

誰かに、何かになるなんてことよりも面白い方がよっぽど尊い、特別になんて簡単になれる、それが素敵であれ凄惨であれ、なんなら指紋なんてみんな形が違うんだから、特別であることなんてなんら特別じゃない、苦しい苦しい息苦しい、ぼくは今日も今日を今日らしく生きることができない、ぼくは今日も今日を今日らしく生き切ることができない、この地平にすっかり形が合わなくなってしまった、ほんとうはわかっている、あの日からずっとしんだようにいきている、しにきることもできないなんて酷く愚鈍だ