小雨が燦々と降る夜はエモい

詩、もしくは思想

2018-03-27から1日間の記事一覧

春の死体

眠すぎて毎日吐き気と一緒に暮らしてる、風はぬるすぎて春を飛び越して 夏の匂いさえよぎるよ。 晴れの日には雨を求め、雨の日には晴れを求め、満たない器を抱えたぼくのカルマは二酸化炭素になって青に溶ける。感傷の残響、感動、ノー残業 今日。 時の流れ…