小雨が燦々と降る夜はエモい

思うままに綴る詩、もしくは思想

2018-03-16から1日間の記事一覧

地平の果てまで

さよなら。さようなら。左様なら。そうならねばならぬのら、別れましょう。この国の別れ際の言葉は、冷たい覚悟と共にある。この言葉を想う時、二度と会わないだろうと思われるひとのことを思い出して、意識が天国へ逝きかける。その全てが、左様ならば、と…