小雨が燦々と降る夜はエモい

詩、もしくは思想

2016-02-09から1日間の記事一覧

final tempest

いろんなものが壊れていくような気がする明け方よりまだ少し早い4時前、社会に適合してないのはわかってるけど持ち前の真面目さとMっ気で笑顔でマトモに社会生活をおくっているようなフリが出来ている、ねえ、そういう中途半端な器用さがとても恥ずかしい…